お知らせ 会 則 役員構成 活動報告・資料 会員掲示板 お問合せ 研究会報告

新規会員 募集

品質保証研究会では、随時、新規会員の募集を行っています。品質保証を通じてエネルギー産業ひいては社会の発展や飛躍に貢献することを念願される方々、関心をお持ちの方々などご入会をお待ちしています。

入会申込書

入会申込みされる場合は、お問合せフォームに記入の上、 品質保証研究会まで、ご連絡ください。
(品質保証研究会から回答後、下記申込書に記載いただきます。)

PDFファイルアイコンQASGapplic.pdf(88.6KB)

品質保証研究会のご案内

平成27年10月1日現在
 当品質保証研究会は、平成3年に設立され、現在は、「広く他産業の情報を収集して原子力分野における品質保証の取り組みを活性化し、実効ある活動を展開すること」を目的として会員数約92名(原子力等メーカ主体で、一部電力会社、大学の教員)で、研究・調査活動を行っております。今年で25年目を迎えました。この間、福島第一事故を経験し、この事故に係わる反省点の深掘りも行っているところです。
 会長には、東京大学大学院の越塚誠一教授をお迎えし、研究会メンバー一同、お互いに切磋琢磨しながら、楽しく活動している所であります。

 現在二つの研究グループがあり、第一グループの『品質システムの研究』と第二グループ(エラーマネジメントグループ)の『エラーマネジメントに関する調査研究』が行われています。平成27年度は、第一グループでは「ISO9001-2015改訂案版検討」、「NSQ-100の検討」、「QMS枠組みマトリックスの検討」、第二グループでは「東京電力福島第一原子力発電所事故の緊急時対応分析」「安全思想の再構築」「レジリエンスエンジニアリングの適用」の分析をしています。
 この二つの研究グループが当研究会の主活動を担っており、会員はこれらの研究グループに所属して研究活動に参加し、相互研鑽、自己研鑽することになります。研究成果は、年度ごとに報告書としてまとめられ、総会で活動報告するとともに希望する会員には無料で配布しています。
 この他、年一回の講演会と年一回の見学会の開催を行っており、年三回の会報を発行してホームページに掲載しております。
 当研究会の詳細な活動状況については、下記のURLで【QASGニュース(会報誌)】、【総会】、【講演会】、【見学会】コーナーなどをご参照下さい。
http://www.qasg.com/

 本会の運営は、会員個人の年会費(1万円)と講演会や見学会の参加費収入で賄われており、会員から選出された幹事が自主的に行っておりますが、自由闊達な研究・調査活動が展開できるよう、会員が所属する企業や原子力関係諸団体からのご配慮・ご支援をいただいております。
 入会については、添付の様式に必要事項をご記入の上、会員を通してお申し込み下さい。個人としてどなたでも申し込む事ができます。
 「品質保証」並びに「エラーマネジメント」の自己研鑽、相互研鑽の機会となりますので、是非、当研究会にご入会頂きたいと思います。
 
 

(参考1) 

品質保証研究会 平成27年度 役員
 
会 長  越塚 誠一 東京大学大学院工学系研究科システム創成学専攻・教授
副会長  田中 朗雄 株式会社 東芝
副会長  石橋 邦夫 株式会社 日立製作所
副会長  浅田 義浩 三菱重工業 株式会社 
 
幹 事  岩瀬 啓二 株式会社 東芝
幹 事  恒光 正雄 三菱重工業 株式会社
幹 事  奈良 順一 一般社団法人 原子力安全推進協会
幹 事  武田 博文 株式会社 東芝
幹 事  宇奈手一之 三菱重工業 株式会社
幹 事  西田 徹  GEインターナショナルインク
幹 事  三村 靖  日立GEニュークリア・エナジー 株式会社
幹 事  風間 英明 日立GEニュークリア・エナジー 株式会社

監 事  渡邉 邦道 一般社団法人 原子力安全推進協会
監 事  岡澤 需